AGAに効果的な成分であるのがフィナステリドです。AGAによる抜け毛や薄毛でお悩みの方は、フィナステリドでAGA対策をしましょう。効果は絶大です!

  • ホーム
  • フィナステリドのピークに気をつけよう

フィナステリドのピークに気をつけよう

AGAの代表的な治療薬としても知られているフィナステリドですが、長く使い続けているとその効果も少しずつなくなってしまうとされています。
ピークがあるので、使い方に関してはクリニックに相談して間違いのないように使っていくといいでしょう。
髪型に関しても薄毛部分を隠したりするように上手に整えればそれほど目立つ事はありません。
ただし、髪型を気にしすぎてムースなどのスタイリング剤を使いすぎると、今度はそれが頭皮に悪影響を与える可能性があるのでフィナステリドを利用する意味が減少することもあるので要注意です。

基本的にフィナステリドのピークとしては、大体2~3年ぐらいという風に結果がでています。
3年も経てばかなりフィナステリドの効果は落ちてくるとされるのですが、これもあくまで個人差がありますので必ず誰もがその年数が経つと効かなくなるという訳ではありません。
ピークとされる時期を過ぎて飲み続けていても変わらずに発毛をしたり、予防効果を得られている人はたくさんいます。

しっかりと長く続けていけばその分髪も増えてくるのでいろんな髪型をまた楽しめるようになってきます。
利用し始めの頃はフィナステリドに関しても本当に効くのかどうか分からずに不安に思いながら始めていく人が大半なのですが、最終的に殆どの人が発毛を実感して満足な結果を得られています。
もちろん薬だけでなく、自分自身でも栄養バランスの良い食事をしたり運動をするという事も大切になってきます。
ストレスなども髪が増えれば逆に気にならなくなって気分も爽快に過ごせるようになった人が多いです。
髪型も治療中も治療後もいろいろと工夫しながら、育毛や毛量の維持を頑張ってみて下さい。

関連記事